クロスバイクのリアディレーラー交換をしてみた! 交換に必要な工具も紹介!

Pocket

ルイガノを購入してから一度も交換・整備のされていなかったリアディレーラー。

ついに故障してしまったのか、変速がいまいちです。

更に重いギアで回しているとガクンガクンと歯飛びするようになってしまいました。

原因がわからないので取り敢えず新品に交換してみようと思います。

リアディレーラーの状態

交換前のリアディレーラー。

ほぼ全面に汚れや傷が付いてしまっています。

樹脂のプーリーはびっくりするくらい摩耗していていました。

リアディレーラーの取り外し

リアディレーラーは変速という重要な役割を与えられている部品ですが取り外しはとても簡単です。

まず、ワイヤーの固定されているナットを工具で緩めワイヤーをリアディレーラーから切り離します。

写真の状態になれば後は六角レンチで矢印の部分のボルトを外すだけで取り外すことができます。

取り外されたリアディレーラーがコチラ。

かなり酷く劣化が進んでいますね(;´Д`)

たぶんどっかのバネが弱くなっていて高トルクのかかる重いギアにしたときに少し遊びがでてしまっているのが歯飛びの原因かもしれません…

一応綺麗に拭いてみた

せっかくなのでどんな構造になっているのか勉強のためばらせそうなところまでバラしてみました。

ビックリしたのがプーリーの中はボールベアリングではなく、簡単な軸受けだったことww

流石に下位グレードにそんなことしませんよね…

油とか汚れでぐちゃぐちゃだったのでいったん掃除してみて

ここまでは綺麗になりました。

傷と錆はどうしようもなかったですw

軸受けなどの回転部分にはグリスを塗って再度組み立てました。

最初に比べたらかなりましになりましたが消耗品などは再生できません。

なんだか使えそうな気もしましたが、せっかく新品を手配しているので今回は新品に交換です!

リアディレーラーの取り付け方法

取り付けもとても簡単で、要点を抑えて行けば誰にでもできると思います!

まずはフレームの取付穴をパーツクリーナーなどで綺麗にします。

ここのねじ穴は舐めさせてしまうと結構厄介なので慎重にゴミなどを取り除きます。

この時はまだリアディレーラーが届いていなかったので撮影用に中古を取り付けています。

取り付けのボルトにはグリスを塗っておくと良いです。

グリスを塗って置けばそれが膜になってゴミや水の侵入を防ぐことができます。

そうすればねじ山を潰してしまうリスクも減るという事です!

そしてこちらが後日届いた新品のリアディレーラーです。

カラーリングが変更になっていてちょっとDURA-ACEっぽくなったかなと思います。

最後にしっかりワイヤーを固定してやれば取り付けは完了です!

僕はこの時ついでにシフトワイヤーも新品に交換しちゃいました。

やっぱり新品のリアディレーラーはいいですね~

組んでから少したってから撮影したのでちょっと汚れてしまっていますがww

まとめ

自転車にとって重要なパーツだから交換が難しいと思っている人は多いと思います。

でもやってみると案外簡単で、自転車部品の中でも交換がかなり簡単なパーツのひとつだと思います。

最後に使った工具やパーツをまとめておくので良かったらご覧ください!

必要な物

1.リアディレーラー

  • スピード:7/8S
  • 最大ロースプロケット:34T
  • 最小トップスプロケット:11T
  • キャパシティ:43T

2.工具

ワイヤーを外す際に使用します。

モンキーかスパナがあれば外せます。

フレームからリアディレーラーを外すのに使用します。

先端がボールポイントになっているタイプがお勧めです。

あれば便利な物

1.グリス

2.ラスペネ(潤滑剤)

ボルトが回らないときに使えます。

3.パーツクリーナー

各部洗浄に使えます。

最後に

リアディレーラー交換をしてみましたが、本当にあっさり交換できてしまってびっくりしました。

冒頭で書いた歯飛びですが、スプロケットとリアディレーラー、シフトワイヤーを新品に交換したところなくなりました!

多分リアディレーラーが影響していたんだと思いますが、もしかしたら他に悪いところがあったのかもしれません(;´Д`)

でも直ってよかった!!!

リアディレーラー交換に興味がある方はぜひ挑戦してみてください!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です