【政宗くんのリベンジ】7話感想 夏休みだ! 海といえば水着回!

Pocket

政宗くんのリベンジ 第7話 「綱手島事件」 を視聴しました。
夏休みに入って愛姫を遊びに誘おうとしますが、プライベートビーチで過ごすため真壁と遊んでいられないとのこと。
愛姫は真壁ではなく小十郎をプライベートビーチへ招待します。
蚊帳の外に追いやられてしまった真壁は夏休みに愛姫を落とすことはできるのでしょうか!

みんなでプライベートビーチへ!

愛姫にプライベートビーチへ招待してもらった小十郎ですが、真壁と一緒じゃなきゃヤダ!と言って真壁にしがみつきます。

小十郎キュン本当に女子力高いんだよな~

男なのにピン止めが似合ってて可愛いんだから!

小十郎がこんな調子なので真壁も自然とついていくことに!ww

この後から自然な流れで寧子と委員長も同伴することになりました。

移動はクルーザー!

さすがお金持ちですね。

それにしても師匠の服装凄いなw

吉乃は個人的に寧子の過去のデータを集めていましたが、真壁に関する情報が一切見つかりません。

どうやら意図的に隠したり消したりしているみたいです。

寧子の真壁への執着の理由が判明するのはまだ先になりそうです。

寧子の腕なんか不自然じゃない!?

今回作画がちょっと怪しい感じがするのは気のせい!?

別荘に到着!

別荘に到着したら結崎という人間が登場。

愛姫の父の秘書だそうですね~

こんなに美人ですが、残念ながら彼氏にフラれた?ばかりw

カラオケではデスメタルを歌うらしい。

別荘にいる間は結崎さんが身の回りの世話をしてくれます。

恋人のフリ

真壁が結崎さんの前で愛姫との交際宣言をしてしまったことからこの島にいる間は恋人同士のフリをすることになります。

しかし寧子が相変わらずのスキンシップ。

真壁に言い寄り日焼け止めクリームを塗ってもらおうとします。

ここで珍しく愛姫が止めに入ります。

今まではみていただけだったのに止めに入るのは初パターン!?

まぁ、寧子の世間体を気遣ったところも多少はあるかと思いますがこれでも若干の進展!?

肝試しのオススメスポット!

愛姫にパシられて食料を調達しにいった真壁は結崎さんになにか高校生が楽しめるスポットは無いかと尋ねます。

すると肝試しのとっておきのスポットがあるとのこと。

愛姫は怖いのが大の苦手なので、怖がっている愛姫を真壁が助け出すという王道なパターンでいくことに!

しかし、この結崎という秘書。

さわやかイケメンな真壁の事がどうも気に入らない様子!

こういうキャラに限ってチョロインなんだよな~ww

そしてここが肝試し会場!

古い建物でガラスもところどころ割れていてかなり怪しい感じです。

演技だってわかってるのに…

かわいいんだよなー!!吉乃!!

順番も決まって気も出しが開始されます。

建物の中では結崎さんがスタンバイしており、真壁を怖がらせて、ひ弱な部分を愛姫に見せることで見損なわせるという作戦を実行します。

真壁に脅かし役を頼まれていた吉乃。

チェーンソーはヤバすぎるww

こんなのに追いかけまわされたら生きた心地がしませんよww

お化け役の結崎さんが逃げ回っているのはなかなかシュールで楽しかったですw

散々追いかけまわされて最後に自爆して気絶してしまった結崎さん。

真壁に背おられてみんなのところへ戻ります。

結崎さんは眼鏡なしの方が可愛いと思うのです!

結局成果なし?

結局最後まで愛姫となにもないまま終わってしまったと落胆する真壁。

吉乃との約束で、夏休みになにも進展が無かったら真壁が「豚足」だってことを愛姫にばらすと言われていましたが…

しかし、吉乃の評価は意外にも高評価。

見栄っ張りで本当に嫌だと思うことは決してやらない愛姫ですが、寧子の前で真壁と恋人のフリをしたことを評価してくれたみたいです。

愛姫にばらされずに済み安心している真壁に一括!

「やる気のない豚足に手は貸さないから。」

吉乃からのバックアップが無ければここまで好感度は騰がらなかっただろうから、吉乃のてよ借りれなくなってしまうのはかなりの痛手ですね!

最後に

今回は殆ど好感度の変化も無くて個人的には不完全燃焼でした。

いままで急ピッチ?で愛姫の表情とかが変わっていただけになんだか物足りなかったです。

あと、所々作画が怪しくなっていて少し不安になりますねw

なんかヒロインより吉乃の方が可愛いぞ!!

ヒロインは吉乃なのか!?w

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です