【政宗くんのリベンジ】 3話 感想 吉乃は本当にアホなのか!?初デートにはドレスコードで!

Pocket

第3話 「吉乃のマジックショー」

実力テストで赤点を取らせないため小十郎に勉強を教えていた政宗。

また愛姫も吉乃に勉強を教えていました。

その場の成り行きで、二人の合計点が少なかった方が言う事を聞くことになりました。

政宗が勝てば愛姫とデート、愛姫が勝てば酷い仇名を卒業まで背負わされることに(笑)

勝敗は意外な結末に…

総受けの小十郎君のヤバすぎる成績

「中間派全教科1桁しか取れなかったからね~。今度は2桁いければいいなーって!」

はい。

小十郎キュンめっちゃバカでした(笑)

なんとか実力テスト乗り切るため、政宗が勉強教えることに!

愛姫・吉乃ペア VS 政宗・小十郎

愛姫の方も吉乃のバカっぷりに手を焼いていました(笑)

小十郎と吉乃が学園七不思議という(笑)

そこで政宗が勝負を仕掛けます!

政宗が勝てば、愛姫とデート。

愛姫が勝てば、政宗にあだ名を付けてそのレッテルのまま卒業まで過ごすというもの。

ただこれでも条件がたりないとのことで…

「私が買ったら、良いっていうまでお昼おごりなさい!」

愛姫にお昼御馳走するのは大変だ~(笑)

テスト当日!!

「気合い入れてキャラ弁作っちゃうぞ~!」

子供の大事なテストのためにお弁当頑張っちゃうお母さん。

しかしお母さん若すぎるだろ~

娘と同い年くらいにしか…

「それ飲んで残りも頑張って」

「腹が…痛い…ような…」

宇宙(笑)

真壁君どこ行っちゃうの(笑)

「もういいの…もう仕込みは完了したからいいの」 ※真壁のイメージです

腹痛の原因は吉乃がコーヒーに下剤を仕込んだと思い込んでいます。

お前か!(笑)

まさかのお母さん特性弁当が痛んでいたのが原因でしたね(笑)

そしてまさかの愛姫が体調不良でダウンのため勝負は引き分けという事になります。

吉乃の計らいでデートできることに!

勝負は引き分けになったためデートの件は消滅したと思っていましたが、吉乃が上手く取り付けてくれたようです。

「そこで諦めるのが豚足の悪いとこ」

さらっと豚足呼ばわりです(笑)

デートの待ち合わせ場所へ行くとそこにはコスプレした愛姫さんが!

モデルは日曜朝のアニメで登場する「ホワイトニング」というキャラらしいです。

「い、いったいどうしたらこんな残虐姫が出来上がるんだよ!?小岩井吉乃。

あんたシンデレラじゃなくて魔法使いだったのか?」

吉乃の言った事は簡単に信じちゃうのが愛姫さんみたいですね~

主従関係が強すぎたらこうなるのか…

ただ愛姫さんが世間知らずなだけか(笑)

お昼は相変わらず大量(笑)

食べたお皿はしれっと真壁の方へ寄せます(笑)

膝枕 キタ――(゚∀゚)――!!

残虐姫からは想像もできないシチュエーション!!

吉乃が真壁に肩入れするワケ

「愛姫様はもう少し自分を見つめなおす必要があると思うから。

これであなたにフラれて謙虚になるなら、私にもメリットは十分ある。愛姫様にも。」

本当に理由はこれだけなんでしょうか?

吉乃は他の使用人から

「あんたが愛姫様意外と話してるの珍しいね。」と言われています。

普段から愛姫以外に興味が無さそうな吉乃が珍しく面白いと感じた人物に巡り合えて、それがすごく楽しいからこそこの関係を続けているように思いました。

最後に

3話視聴後の感想でした!

愛姫が真壁に惚れるのか、逆に真壁が愛姫に惚れてしまうのか。

または予想もつかない展開になるのかとても楽しみです。

この作品は登場人物がかわいくてみんな好きになっちゃいます(#^^#)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です