【風夏】8話感想 バンド名は「The fallen moon」に決定! アニメオリジナル展開へ!

Pocket

風夏 第8話「トップ!」 を視聴しました。

氷無小雪騒動で一躍有名になってしまった優たちのバンド。

想定以上の観客数に驚きますが、そのほとんどが野次。

こんなアウェイな状態でライブは成功するのでしょうか??

ライブ会場は大混乱

体育館から溢れんばかりの観客の前でのライブ。

しかもその殆どが優にいい印象を持たない人たちです。

野次を飛ばしまくる観客たち。

スマホで録画している人可愛いww

ステージには立てたものの観客の雰囲気がこの感じなので3人も不安げに見守ります。

演奏を始めようとしたまさにその時、悪意のある観客の一人から空き瓶を投げつけられそれが命中してしまいます。

この時、優は額に切り傷を負いベースも損傷してしまいます。

弟が傷つけられたことで姉の響が怒ります。

家族が目の前で気づ付けられたら誰だって起こるはず!

親族の登場でこの場はさらにややこしくなってしまいます。

これ以上皆に迷惑はかけられないと小雪が招待を明かしてしまいます。

当然事態は最悪な方向に…

氷無小雪の登場に大混乱。

あっという間に人ごみに飲まれてしまいます。

会場が大混乱している中突然照明が消えて風夏達の昇っているステージがライトアップされます。

人々の気を引く演出が上手いですね~

そして優の手には新しいベースが。

これはやっさんが持ってきていたヘッジホッグスのメンバー「たま」の使っていたものです。

演奏開始!

全員の注意をステージに集中させ、ライブがスタートします。

この状況下で歌いだせる風夏のメンタルは凄まじいです。

風夏の歌声には小雪すらも圧倒させるものがありました。

さすがヘッジホッグスにも才能あると言わせた風夏ですね!

ここらでメンバーたちのかっこいい演奏風景を!!

本当にかっこいいです!!

演奏を見守っているやっさんかっこよかった!

頼れる兄貴臭が半端じゃないですw

星の降る街

二曲目はなんと会場にいた小雪を巻き込んじゃいました!

二人が歌いだしますがなんとユニゾン!

どれだけ負けず嫌いなんだ!

小雪も風夏の実力を知ったうえで負けたくないという気持ちがここに現れている気がします。

やっさんがこの小雪の負けず嫌いにびっくり!!

本当に素晴らしい歌声と演奏でした!

みんなかっこよかったぞー!!!

ライブ演出にもっと力を入れてほしかった!

このアニメのかなり重要なシーンで、風夏達が大きく成長するシーンでもあると思います。

この重要なシーンのライブ演出だったのですがちょっと迫力に欠けたかなって印象です。

このシーンよりも海の家での突発ライブの方が個人的にはゾワゾワっとくるものがあったように感じます。

止め絵の中で手だけが動いていたり不自然に見えるシーンが何か所かあってそれが印象強く残ってしまったせいかもしれません。

なんにせよ、大事なシーンだからこそもっと大事に演出してほしかったかなって感じました。

小雪の謝罪

自分の身勝手なつぶやきが皆さんを混乱させてしまって申し訳ないという事を素直に謝ります。

するとさっきまで散々野次飛ばしてきた観客が手のひらを返したかのように小雪の見方をしてくれます。

この子達は会場の雰囲気に困惑していた子達ですね~

最初から小雪の味方だったのでしょう!

小雪に笑顔が戻ってよかったですね!!

バンド名「The fallen moon」

ライブ成功を祝して近くのファミレスにて打ち上げ会!

風夏が演奏後話しかけられていて、その時にバンド名を尋ねられたのですがまだ決まっていなかったため答えられませんでした。

いい機会だからこの場で決めてしまおうと、メンバーの名前を盛り込んだバンド名を提案します。

「fall moon」にピンときた沙羅が文法的には「The fallen」か…と言います。

それを後押しして三笠が

「堕ちた月 The fallen moon 詩的でいいかもしれませんね。」

と言い、皆に提案します。

すると風夏が、それじゃあ自分が無理やり作ったバンドみたいじゃない!!と言いますが、全くその通りなので誰も反応できずww

皆の反応に半ば投げやりな感じでバンド名が決定!

バンド名は「The fallen moon」!!

小雪の活動停止

今回の騒ぎで結構怒られてしまったマネージャーさん。

マネージャーにはこれから仕事で取り返していこうと励まされますが、優との連絡だけは禁止されてしまいます。

度々優から連絡が来ていますが、約束なので電話を取ることはありません。

さらに小雪はストレスで歌が歌えなくなってしまいます。

歌いだそうにも声が詰まってでなくなっちゃうんですね。

優と連絡が取れないのも大きなストレスになっていそうです。

歌手で歌えないのは致命的で、一刻も早い復帰をという事で活動を休止することに。

優に渡したクリスマスライブも中止になってしまいそうです。

江の島の海岸へ

ここからが「風夏」のアニメオリジナルのストーリー展開のようです。

アニメオリジナルという事はまだ誰も知らないエンド!?

ワクワクです!!

っとテンション上がりまくっちゃいましたが内容はかなり重いのです。

休養中の小雪は江ノ島に来ていました。

とても悲しそうな思い悩んだ表情。

優の電話に出る小雪。

優に大丈夫だからと伝えて、「じゃあね。」と言って電話を切ってしまいます。

この時小雪が死んじゃうんじゃないかってめっちゃ心配しました!!

最後に聞こえたかすかな波の音を手掛かりに優は電車へ駆け込みます。

本当に小雪を見つけ出した優。

そういえばここって優と小雪が線香花火していたところか!

それでも一か八かのはず。

優もよくわかったな~

ここで小雪と会って初めて歌が歌えなくなってしまったことを伝えます。

そして…

「ごめんね。にこくん…好きになって…ごめんね。」

このシーンは本当に胸がざわつきました。

切なくて悲しいシーンですが小雪の本心が見える場面でした。

この涙を見て、頬を赤らめながら抱き着く優。

これは小雪ちゃん大勝利のシナリオなのか!?

最後に

いつの間にかもう8話ですがまだまだ安定して面白い作品ですね~

作画も乱れませんし!

ただ演出が今回は今一つだったように感じてしまいました。

BDでは編集されていたらいいな!!

そしてBパートはなんとアニメオリジナル展開!

僕は漫画を読んでいないので原作天界を知らないのですが、話によるとこのままいけば風夏ルートへ行くはずだったみたいです。

オリジナル展開は激アツですね!!

次回も楽しみです!!

Blu-ray情報!

Blu-ray 第4巻 6月28日発売!

第7話~第8話 収録

★初回仕様版特典
・原作者・瀬尾公治描き下ろし漫画(オールカラー16P)「ヤっちゃう!?友美先生との妄想初体験」
・キャラクターデザイン・本多美乃描き下ろしジャケットイラスト
・特製ブックレット(8P)
※収録内容は変更となる場合がございます。

>風夏 第4巻(初回仕様版)【Blu-ray】 [ 瀬尾公治 ]

価格:5,670円
(2017/2/19 21:38時点)
感想(0件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です