【亜人ちゃんは語りたい】11話感想 亜人の生徒との接し方 教頭先生はいい人!

Pocket

亜人ちゃんは語りたい 第11話 「亜人ちゃんは支えたい」を視聴しました。

亜人の生徒が頼れる人

亜人の生徒が自分の体質などを親身になって相談できる人物が校内に高橋先生しかいないという環境に疑問を持った教頭先生。

目が死んでいて言い方がきついのを除けばめちゃくちゃいい教師です(笑)

いつもデミちゃん達には最高の言い返しをしている高橋先生ですが、教頭先生のまっとう過ぎる意見に何も反論できません。

教頭先生恐るべし…

こじらせる高橋先生

デミちゃんたちは高橋先生にとても感謝していますが、高橋先生や他の人にはなかなかそれが伝わらないですね~

高橋先生は自分の行いがやり過ぎだったのではとか色々と考えてしまいます。

デミ特有の悩みも、自分が力を貸さなくても生徒間で時間が解決してくれたのかもしれない。

生徒同士が力を貸しあって解決する方が良いに決まっている。

そんなことを考えていました。

真面目でしっかり者の高橋先生だからこそこのように悩んではまり込んでしまうんですね。

ビデオレター

落ち込んでしんみりしていた高橋先生のもとにひかりからビデオファイルが送られてきます。

送られてきたのはビデオレターでデミちゃんたちのメッセージが録画されていました。

雪は、自分の悩みが最短で早期解決できたことを感謝していてそれを高橋先生に伝えようと頑張りますが、頭が真っ白になっちゃいます(笑)

町は流石優等生!って感じのコメント。

素直に自分がされて嬉しかったことや、この体質にここまで親身に考えてくれた先生は初めてだという事。

どんな生徒でも気兼ねなく相談できる優しい先生であることなどを話しました。

町は、調子に乗った時に怒ってもらえたことが嬉しかったみたいですね!

佐藤先生も巻き込まれます(笑)

高橋先生の事は教師としてとても尊敬しているという事や、悩み事があれば相談してください!と伝えます。

なぜか最後は飲みに行きましょうとか言ってるし(笑)

さんざんとっ散らかしといて渦中のデミちゃんはコメントなし!(笑)

流石にこのビデオレターは反則ですよね。

高橋先生も涙しています。こっちまでウルっとしてしまった!

ひかりの気持ち

このタイミングで高橋先生見つけるとは…

さすがヒロイン補正…

背景が紫っぽくてサキュバスっぽい雰囲気が出てたり??

頑張っている人に出過ぎだからやめろなんて言うのはおかしい。

頑張ってる人にできることは、応援することや感謝の気持ちを伝えること。

ひかりの言葉はたまに心に来ますね!

自分も他人から応援されるくらい頑張らなきゃって気持ちになります!

亜人の生徒の相談相手の件は保留に

廊下で教頭先生と話をした高橋先生。

すると教頭先生から以前の事は保留にしましょうとのこと。

教頭先生の視線の先ではデミちゃんたちが他の生徒たちと仲良く話している光景がありました。

町の頭が案外重たい事や、雪の肌がとても冷たい事を知ったり、ひかりに腕を採点されたり。

高橋先生のして来たことが出しゃばりなんかではなかったことが、証明することができて教頭先生の意見も変わったみたいですね~

高橋先生も立派な教育者ですが、自分の考え、持論より目の前の光景をしっかりと受け入れ、それを評価することができる教頭先生はとても立派な先生だと感じます。

今の時代、ただ無意味に頑固な人、自分の考えも無に結果論で語る人は多いですよね(;´∀`)

さいごに

最初は教頭先生は悪者だと思っていました(笑)

目が死んでたんですもの!(笑)

でも本当はめちゃくちゃいい先生だったんですね!

教頭先生の評価がガラッと変わったお話しでした。

そして次回からは「夏」!!

夏という事は水着かな!

楽しみにしておきましょう(#^^#)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です